▲TOPへ戻る

イベント情報

  • HOME
  • イベント情報

ワクチン接種にかかる若年層への接種勧奨への協力について

2022年8月4日

大阪市保健所から下記の内容の協力依頼がありましたので、お知らせいたします。

全国でコロナ感染者数が急増する中、若年層への3回目のワクチン接種率の促進について、国をあげて周知啓発をしているところであり、大阪市でも様々な媒体を用いて啓発を行っておるところでございます。

大阪市は、全国政令市の中でも接種率が低く、若年層での感染拡大状況に鑑み、同世代へのワクチン接種の促進が急務となっております。

つきましては、あらゆる機会において、若者へのワクチン接種の呼びかけをしてまいりたいと考えておりますので、8月中の商店会でのアナウンスにつきまして、ご参加・ご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。

ご多忙のおり、恐れ入りますが、貴団体内での周知にご協力いただけましたら幸いです。

【 別添資料 】
アナウンス音源
http://osaka-shotengai.com/dl/kansen_20220805.zip

カテゴリ:イベント情報  タグ:

大阪市あきないグランプリ『Osaka Metro賞』の創設

2022年7月21日

「大阪市あきないグランプリ」は、大阪市内商店街の店舗の中から個性的で魅力ある店舗を発掘・表彰するとともに、市内外の方々に幅広く発信し、顧客に支持される繁盛店づくりを推進することにより、市内商店街の活性化と大阪経済の振興をめざして実施しています。

この度、大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)が、「大阪市あきないグランプリ」に協賛し、『Osaka Metro賞』を創設されることが決定いたしました。

副賞として、賞金5万円と御堂筋線梅田駅 北改札前にて、今年4月にオープンしたOsaka Metro初の直営ポップアップ型販売店舗、「Metro Opus(メトロオーパス)梅田店」への出店交渉権、賞状・トロフィーが贈呈されます。

今回の新たな賞の創設により、各店舗の受賞機会と「Metro Opus梅田店」への出店によるビジネスチャンスの創出が図られます!

詳細については、Osaka Metroプレス発表 をご覧ください。

カテゴリ:イベント情報  タグ:

大東商店街「七夕かざり」(イベントは終了しました)

2022年6月28日

7月2日(土)、大東商店街では「七夕かざり」が開催されます。

————————————————————————–
 開催日:7月2日(土)
 開催時間:13時~16時
 場所:大東商店街
 
大東商店街路に、20数本の七夕かざりの笹を立てます。 
来街者は、短冊に願い事を書いて笹につるします。

子どもたちは、短冊と一緒に「お楽しみチケット」をもらって、当てくじや消しゴムすくいをしたり、お菓子をもらったりします。

日本の伝統的な年中行事の一つである七夕を知ってもらい、商店街での楽しい思い出にして欲しいです。

ゲームの屋台は、子ども店長を募集して、子どもがお店屋さんごっこも楽しめるようにします。
————————————————————————–

https://daitoshotengai.wixsite.com/daito

カテゴリ:イベント情報  タグ:

インボイス制度について

2022年6月10日

令和5年10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が始まります。
インボイスを発行するためには、登録申請が必要です。

市商連としては、今回のインボイス制度について、会員の皆さまから「この制度は知らなかった」、「早く教えてくれれば良かったのに」とならないように、大阪商工会議所および税務署と協議を行い、次のような体制を整えました。

大阪商工会議所では、以下のような日程で、各支部の運営委員会を開催します。
その際、インボイスの勉強会については、「それぞれ管掌している税務署さんが講師を派遣してくれます」と紹介するようにします。

【大阪商工会議所 運営委員会日程】
  6月13日 中央支部(中央区)
  6月16日 北支部(北・福島・西淀川・淀川・東淀川区)
  7月 5日 東支部(旭・都島・城東・鶴見・東成・生野区)
  7月 6日 南支部(天王寺・阿倍野・平野・東住吉・住吉・住之江区)
  7月11日 西支部(西・此花・港・大正・浪速・西成区)

別添資料
http://osaka-shotengai.com/dl/invoice_20220609.zip

カテゴリ:イベント情報  タグ:

大阪府令和4年度商店街活性化事業について

2022年4月11日

「大阪府商店街活性化事業」について、お知らせいたします。

商店街の活性化《一部新規》

【令和 4 年度当初予算額(案)】 412,218 千円

【事業概要】
コロナ禍の影響が続く中、地域商業や地域コミュニティの担い手として重要な商店街に
おいて、「コロナ禍かたの回復に向けた需要喚起」に取り組むことで、商店街・市町村の取
り組みを後押しし、商店街の持続的な発展に繋げる。

【取組内容】
1.商店街等需要喚起緊急支援事業費 141,182 千円 《新規》
国の「がんばろう!商店街事業(GoTo 商店街事業の後継事業)」と連携し、
➣ 府域全体を対象に、商店街の取組みを情報発信。
➣ 国に昨年度採択されたものの、感染症拡大により事業中止を余儀なくされた
商店街の取組みを支援。

2.商店街店舗魅力向上支援事業費 242,231 千円 《新規》
デジタル社会の到来や万博開催も見据え、
① 100 商店街、うち 30 商店街を重点支援。
② 1,000 店舗を伴走支援し、店舗情報の発信、EC サイト等オンライン活用を促進。

3.商店街等活性化モデル創出事業費 28,805 千円
商店街における回遊性の拡大、商店街エリアの魅力発信等を通じて、新しい生活様式
(ニューノーマル)に沿った取り組みを後押しする。
➣ 「ICT 活用」や「地元消費」等による活性化モデルを創出し、来街者を誘引。
➣ 相談サポート、セミナー等の開催により、その「成果を普及」。

別添資料
http://osaka-shotengai.com/dl/kasseika20220411.pdf

カテゴリ:イベント情報  タグ:

大阪市の商店街を探す